No.1057  本質主義者の目指すもの


  本質主義者が常にその必要性を強調する『 個人の意識の成長 』と『 社会のシステムの改善 』はどちらも、その部分的、主観的であることを乗り越えて、限りなくその統合的な全一性の完成へと向かいます。
  すなわち、意識については、個人的、刹那的なもっとも狭隘なものの見方から、全体的、永遠的なもっとも広やかなものの見方へと向かい、その究極において、それは、いわば、その成長の全過程がわたしたち人間の内なる最高本質である精神において高次統合された『 全一的意識 』となるに至るのです。
  また、社会システムについては、個人ないしは少数者ないしは人間にとってのみ都合のよい偏った社会システムから、人間に係わるあらゆる差異を超えてすべての人々にとって公平であるのみならず、地球生命系全体にとっても良くバランスの取れた『 いのちの全一調和的な社会システム 』の確立へと向かい、その究極においては、人間の意識の全一化とも相俟って、この地球上に、いのちの本質に基づいた真のユートピアを実現しようとするのです。
  そして、本質主義者は、このような全一的な視座から、そのユートピア実現のために、現実社会における意識的かつ社会システム的なあらゆる形の非本質的な歪みに対して抗議し、可能な限りその改善を試みようとするのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック