No.1167  真に公正かつ対等な全一的グローバルスタンダードの確立

  これまで他者の犠牲の上に膨大な富を蓄えてきた傲慢な階層を中心として築かれてきた欲望の文明は、今や数え切れないほどの問題と矛盾を内に抱えながら人類全体を不幸のどん底に引きずり込もうとしています。
  また、ステレオタイプ的な国家主義者たちは、人類全体の本質的な幸せの追求ではなく、作為的に編まれた自国の歴史的アンソロジーに自らの心を摺り寄せ、本質的な必要性をはるかに越えた国家的名利を求めて、あるいは、徒に自らを高しとするような独善的な偏見に酔い痴れて他国との間に無用の対立を引き起こします。
  さて、すべてが一体的なこの世において、また、時間的にも空間的にも相対的にますます小さくなっていく地球社会において、すでに今や、あらゆる形の利己主義は徹底的に否定さるべき時代に突入しています。人類は一体であり、地球生命系もまたどこまでも一体的なのです。このような全一的な世界において、いつまでも他者の存在を無みして利己的であり続けることは、人間として精神的に未熟、知的に野蛮であり、また、それが地球社会にもたらす悪弊たるや計り知れません。大人たる者、急速にグローバル化が進行するこのような時代に、いつまでも自己中心的な意識のままでいることは許されないのです。社会の指導的立場にある者であればなおさらです。わたしたちは須らく自らの心の内に巣食うエゴイズムを払拭し、さらには、エゴイズムの塊たる傲慢な浪費的階層を解体し、かつ、平準化し、以って、持てる者と持たざる者との間の格差を解消し、すべての人々が節度ある本質的豊かさを安定的に享受しつつ、しかも、精神性の高い人生を全うできるような、真に人間が人間として生きるに相応しい地球社会を築いていかなければなりません。そして、そのためにも、文明的に、この世の本質的法則に基づいた、どこまでも公正かつ対等な全一的グローバルスタンダードの確立を、現代世界に頻発するさまざまな騒動をその根本原因それ自体を根扱ぎにするような形で、しかも、どこまでも現代世界の草の根的民主勢力を中心とし、これまでの傲慢な保守勢力を圧倒するような形で推し進めていかなければなりません。そして、これまでの数千年に及ぶモノ、カネ、力を中心とした反本質的な人類史によって現代世界の底に溜まりに溜まった物心両面にわたる歴史的澱(おど)みのようなものを払拭し、本質的な視座から人類史全体を相対化しつつ、あらゆる場から本質破壊的なエゴイズムを追い払い、以って、絶対的に公正かつ対等なルールに基づいて速やかに地球社会全体を本質化し、そして、真に自由にして平等な、かつまた、真に持続可能な全一調和世界を実現していかなければならないのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック