No.1194  意識を本質に集注する

  経済最優先の現代社会は、金の切れ目が縁の切れ目の浅ましい社会です。そこには人間的な尊厳も誇りもなく、動物たちに見られる純粋さもありません。この世の全一的な本質から逸脱してしまったどこかグロテスクな生き物を見る思いがします。金に振り回され、金に隷属し、金の力に酔い、金と自己とを一体化させた半ば非生命的な存在なのです。いのちといのちとの全一的な関係が金の関係に矮小化されているのです。このように金を中心とした社会ではあらゆる関係が歪んだものになってしまいます。この世の本質といのちの本質が忘れ去られたまま、本質的に最も大切なものが歪められ、汚され、破壊されていくのです。そして、知らず知らずのうちに自らの首を絞めていきます。
  現代社会では、経済界は言うに及ばず、行政においても、社会の日常生活においても、中心的な関心事はお金であり、決していのちの本質なのではありません。いえ、いのちの本質について語られることなどほとんどないのです。
  また、現代は専門家の時代であり、小さく分化された専門的な分野について語られることはあっても、全一統合的な本質について語られることはありません。すっかり本末が転倒してしまっているのです。全一的な本質について語ることなく分化された専門的なことばかり語っているのでは、この世の本質的なものが損なわれていくのも当然なのです。ましてや、本質から切り離されてしまったかのような数多くの専門的なもののそれぞれと金とが結びついているのですからもうお手上げです。いのちの本質はいたる所で加速度的に蹂躙されていきます。
  このような反本質的な時代に生きる本質主義者は、ひとり意識を本質に集注し、本質について考え、本質について語り、すでに甚だしく損なわれ破壊されてしまったいのちの本質を深く悼みながら、本質的な憤りの念と共に、ふたたび本質を現代社会に復活させようと試みるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック