ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)

アクセスカウンタ

zoom RSS No.1669  本質と価値と資本主義経済システム

<<   作成日時 : 2010/05/07 16:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  この宇宙のあらゆる現象は、この世の根源的実体である絶対本質すなわち完全エネルギーのこの世的な現れに外なりません。すなわち、わたしたち人間をこの世に生み出し、かつ、養ってくれている大自然はもちろんのこと、わたしたち人間自身もまた同じように、この世の根源的実体である絶対本質すなわち完全エネルギーのこの世的な現れであり、その隅々に至るまで実体的に本質そのものなのです。そして、この世におけるあらゆる存在の本質的内在価値は無量無限であり、また、本質は本質どうし過不足なく不可分離的、全一的に関係し合っています。すなわち、本質の現れであるこの世のあらゆる存在はどこまでも一体的であり、その価値もまたそれぞれに無量無限であり、お互いに量り知ることも切り離すこともできない完全存在なのです。従って、一体的、かつ、価値無限の本質の現れであるこの世の一切を数量的、経済的に価値(限界)付けることなど本来できないことなのです。従って、現代社会に蔓延るあらゆるものごとに対する経済的な価値付けは人間の恣意的な愚行に過ぎません。
  さて、このように、お互いに価値無限の本質的な存在が充満して成り立っているこの世界には、現代世界において猖獗を極める経済学など存在する余地もなければ、その存在にいかなる正当性もありません。そもそも人間社会において、この世の本質そのものである土地を私有したり、それに価格を付けて取引したりすること自体、不条理極まることなのです。また、この世の本質そのものである水や木や生き物たちなどの自然のあらゆるものに価値付けをし市場取引の対象物とすることはもちろん、わたしたち人間自体をも労働価値や経済価値として数量化してその無限の本質価値を貶めることはこの世の全存在に対する本質的な冒涜以外の何ものでもありません。
  かくして、現代世界における経済学はもっとも反本質的な学問であり、経済学者はこの世の本質といのちの本質に対する冒涜者であり、現代資本主義経済システムは史上最悪の本質破壊的経済システムであり、そのシステムによる経済活動は自然を破壊し、地球生命系と人間自身を急速に破滅へと導く究極的本質破壊活動に外なりません。
  わたしたち現代人は、このような愚か極まる本質破壊的な経済システムなどは直ちに廃止して、全てが手遅れになる前に、本来あるべき、どこまでも本質を本質として全一的に関係付ける本質主義的な社会システムを、わたしたちの持てる全精力を注ぎ込んで新たに作り出していかなければならないのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No.1669  本質と価値と資本主義経済システム ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる