No.1710  断想 ( 人類と本質 )


  人類はこの世に一体何のために生まれてきたのだろうか。このままでは地球の生態系も人類もその未来を失ってしまう。

  考えてみれば、人間にとって一番大切ないのちの本質についてこれまで真剣に考えてこなかったことの付けが今このような由々しい形で現代世界に立ち現れているのだ。結局のところ、これまでわたしたち人間にとって精神が持っている本質的な意味が近・現代人には十分に分っていなかったのだ。そして、わたしたちは精神が蔑ろにされて物質主義的資本主義が起こって以来、急速に自滅への道に迷い込んだ。

  本質を置き去りにしたまま人間の欲望( 物質的豊かさと利便性と享楽 )の追求に明け暮れる現代世界。

  ここで一度徹底的に人間の生命活動の本質について考え直してみなければならない。そして、生命環境や社会環境や精神環境の在り方などについて根本的な再調整を行う必要がある。

  一日も早く物質的な豊かさではなく本質的な豊かさを求める新しい文明を起こさなければ人類はこのまま駄目になる。

  すべては本質のために!
  近未来の本質文明世界においては、人間活動のすべてはこの世の本質をより一層高めるために為される。すなわち、人間活動のすべてが究極的にはこの世の本質讃歌となり、その時、地球上のすべてがその本質において自ずから完全調和する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック