N0.2472 現代資本主義文明について





  現代資本主義文明の最大の特徴は、その視座の低さと、視野の狭さと、心の浅さにある。



  本質から著しく逸脱した現代資本主義世界は、今や至るところで末期的な本質不全症候群の兆候を示しており、このまま行けば、きわめて近い将来、その文明的破綻と同時に人類が滅亡する可能性が極めて高い!



  この世の本質といのちの本質を忘却した現代資本主義文明を枠付けているパラダイムもマトリックスも、また、そのルールもシステムも構造も、今やすべてが、政治的にも経済的にも、かつまた、社会的にも精神的にも全面的な機能不全に陥っている。 人類の未来を完全に閉ざさないためには、直ちに、現行の文明的パラダイムとマトリックス、そしてまた、社会のルールやシステムや構造、および、慣習などをも、いったん、厳しく対象化し、さらに、本質的に批評し、そして、真に本質的な文明を築き上げるために、それらすべてを創造的かつ抜本的に再構築していく必要がある。 そしてまた、その時には、あらゆるレベルの社会的馴合いなどは厳しく排されねばならない。



  現代資本主義文明の本質破壊的なパラダイムやマトリックスから抜け出さない限りわれわれ人類に未来はない。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック