No.3347 真実 ( 真理 ) に基づかなければ良い社会は築けない 21




  死神が人類を墓場へと導く死の舞踏が始まっている。 遠くで人類の滅亡を悼む弔鐘が鳴り、その音に重なるようにしてレクイエム( 死者のためのミサ )が聞こえてくる。
  海が急速に死につつある。 放射能汚染、そしてまた、海水温の上昇によって引き起こされた海水の異変によってプランクトンが、鮭が激減し、海に生きている多くの哺乳動物たちが大量死しつつある。
  大地が急速に死につつある。 オゾンホールから降り注ぐ強い紫外線によって、また、ケムトレイルから舞い落ちる様々な金属の粉によって植物の根が侵され、また、大量の化学肥料や農薬などによって土地がやせ、自然に近い有機的な作物が育たなくなりつつある。
  そして、人類的な飢餓が目前に迫りつつある。
  さらには、汚染された空気を吸い、汚染された水を飲み、汚染された食べ物を食べる人間は、ガンに侵され、アルツハイマー、パーキンソン病、自閉症などの神経病に侵され、生殖能力を損ない、免疫力を低下させ、それに加えて、様々なワクチン接種によってもさらに免疫力を低下させてしまう。
  今や人類は夢遊病者のように滅亡への道をさ迷っている。
  このような異常な終末的時代を生きているわれわれは今まさに、全人類の正念場、全日本人の正念場を迎えているのである。 このまま為す術もなく人類の本質的未来を永久に失ってしまうかどうかの瀬戸際に立たされているのである。 この期に及んでもまだ、国際金融資本という犯罪組織の奴隷国家となり下がって久しいアメリカの、さらにまたその忠実な奴隷国家として滅んでいくのか、それとも、誇りある自由な人間によって運営される真に自律的な自立国家へと脱皮し、かつまた、人類の滅亡を防ぐ先兵ともなって自らの生命を賭して戦い続ける誇り高き人間として生きるかの自己選択を迫られているのである。 われわれはすでに、本質対反本質( 本質否定・ニヒリズム )、生命対反生命、人類対反人類、日本人対反日本人( 売国奴 )、生命活動対金儲けなどの二項対立状況にあるのである。
  人類の存続を懸けた終末的闘争は今や必至である。 人は体幹のみでなく心幹をも鍛えながら事に臨むべきである。 そして、人類の本質的未来のために人類の敵、日本人の敵を断固打ち砕くのである。


  森友学園問題を徹底的に追求することを通して、りそな銀行問題、これまでのジャパン・ハンドラーズを介したアメリカとの関係、特別会計を中心とした自民党と官僚機構と特別法人のなれ合い関係、電通とマスメディアとの関係などの真相をもう一度洗いざらい明るみに晒して日本の戦後史を清算し、安倍他、霞が関、永田町、財界に巣食う反日本人的売国奴どもを誅滅し、以って、新たに国家的出直しを果たさなければならない。


  下記動画を視聴して現代世界および現代日本の本質問題に目を開きましょう!


  お奨め YouTube 動画


  ・Geoengineering Watch Global Alert News, March 25, 2017 ( Dane Wigington GeoengineeringWatch.org ) ( 速度0,75 字幕付きで視聴すると理解し易いです )

  ・森友学園問題の本質【日本覚醒】                  『新・霊界物語 第百七十九話』
  ・日本崩壊まであと〇年 殺された石井紘基議員が調べていた日本を蝕む特別会計の闇の話 ( 再掲 )
  ・【字幕】安冨歩さん「マイケル・ジャクソンの思想」トークショー(上)(下)

  ・We Never Had This Much Hidden Financial Leverage,When The Crisis Hits,It Will Be Painful:John Rubino



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック