No.3565 このままでは人類は必滅である。




  宇宙138億年の全一的歴史過程を無視して、また、地球生命系40億年の全一的進化過程を無視して、すなわち、宇宙のありとある存在の、および、われわれ地球生命系すべての母なる大自然の、その全一統合的な歴史展開と根本法則を無視してわれわれ人類が生き延びることなどできない。 

  まことに、かくも甚だしく反自然化し、反生命化し、反本質化したわれわれ現生人類は必滅である・・・
  それにしても、われわれのこの無限大の本質的無知、この無限大の本質的無関心、この無限大の本質的強欲、そして、われわれ現代人の、この無限大の無恥無慙な無責任さと傲慢さと自己欺瞞と狂気は一体全体どこから来たのだろうか? その根本原因を明らかにする必要がある。

  これ以上人類的愚行を重ねることは許されない!

  全一統合機能である精神なくして何ものも存在し得ない、聖なる根源的エネルギーも、光も時間も空間も素粒子も原子も分子も地球生命系も、そして、惑星も恒星も銀河も銀河団も銀河ウォールも宇宙も何もかも、全一統合機能である精神の働きの上に成り立っているこの世はどこまでも一体である。
  ところが、この精神的一体性を不完全な人間知性が断ち切る。すなわち、
  不完全な人間知性が脳内にもたらす自己と自然を分ける概念的二元対立から我執( 迷妄 )が生じ、さらに、その我執( 迷妄 )から悪( 悪魔 )が生じる。
  そして、物事の見境のつかなくなった我執の結晶体である悪魔は、この世の本質( =自己自身 )を貪り始め、やがてそれを食い尽くそうとする・・・ウロボロス( 自分の尾を食べる蛇 )=悪魔のリング・・・
  かくして、人間知性が生み出す二元対立から我執( 迷妄 )が生じ、その我執から悪( 悪魔 )が生じ、その悪( 悪魔 )からあらゆる禍( 本質破壊 )が生じる。
  そして、地球の生命環境は破壊され、それとともに人類も滅亡する。

  人類が生き延びる道は唯一つ、二元対立の迷妄に惑わされて、自己自身の生命の本質を見境もなく食い尽くそうとする悪魔のリング=ウロボロスを、自らの内なる全一精神に宿る自覚的自由意志の力によってズタズタに断ち切り、以って、自らの手で、この世本来の一元的一体性( 本質的秩序 )を、混乱し切った現代世界に回復すること。

  この世で最も愚かしい事は、本質を生きるために生まれてきた人間が、その掛け替えのない本質を破壊し続けて、やがて為す術もなく自滅してしまうことである・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック