No.3573 悪魔の正体




  悪魔の正体は虚妄である。 この世の根源的実体にして絶対的な本質を否定してこの世を彷徨い続ける黒い影の如き虚妄である。 悪魔には実体も本質もない。 すなわち、悪魔のどこを探してみても真実というものが見当たらない。

  悪魔の正体は真実を欠いた虚妄である。 悪魔には真実がないので、嘘を真実と見せかけるためにあらゆる手を使う。 サギ、ペテン、詭弁、魔術、隠蔽、見せ掛け、プロパガンダ、すり替え、乗っ取り、なりすまし、徒党、わな、改竄、秘密、口裏合わせ、隠語、組織的情報操作、為にするための宗教・神話・法律・政治システム・経済システム・金融システム、・・・

  悪魔の正体は虚妄である。 その虚ろな中味には、本質的な聖性も本質的な精神性もない。 ただ、エゴイスティックなサイコパスのサディスティックな本質破壊的狂気が毒蛇のように蠢いているだけである。

  悪魔の正体は虚妄である。 自らの尾に食らいついたウロボロスのように本質破壊を世に連鎖させる。 権力、カネ、情報操作という名の三種の魔器を駆使して世界を騙し、貪り、破壊し続ける。

  悪魔は、自らの世界制覇のため、心ある人々を、ここ数千年にわたって永遠本質から切り離された虚妄の時間の中に閉じ込めて、権謀術数の限りを尽くして騙し、貪り、操作し、冷血に殺し続けて支配してきた・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック