No.3676 現状認識 





 現代世界を大雑把に仕訳けしてみると、グローバリスト(寡頭政治・戦争屋)、国家主権・民族主義、中華思想(共産党独裁)、市民主権(市民民主主義・絶対民主主義)などに色分けすることができると思われます。そして、この内、市民主権以外の三勢力は、力、カネ、情報操作を事とする旧態依然たる権力闘争によって地球の生命環境を破壊し、人類を滅亡の淵へと導く本質破壊的な勢力の一翼を成しており、このような本質破壊的な覇権闘争をさらに続けていくことほど愚かしいことは他にありません。
 さて、このような時代状況にあって、われわれ人類が生き延びるためには、何よりもまず、このような愚か極まりない歴史的潮流を乗り越える必要があります。そして、本来あるべき本質創造的世界秩序を築き上げていくのです、そのためには、この世の本質的真実に目覚めた世界の心ある市民による、既存の支配・被支配関係を解消し、かつまた、いかなる(既得)権益をも認めない、どこまでも市民主権を中心とし相互に自由かつ公平・平等な、まったく新しいネットワーク型の(絶対民主主義的な)社会システムを本質創造的に組み上げていく必要があります。もし、この人類的な新秩序の構築に失敗すれば、人類はいつ終わるとも知れない愚かしい覇権争いの果てに早晩滅んでしまう事になるでしょう。

 ところで、税金で厚く酬(むく)いられ 国民全体のために奉仕すべき公務員の身でありながら、あろうことか、何か事あるごとに自己責任、自己責任とのたまって議員としての責務を蔑ろにし、しかも恬(てん)として恥じない自民党の国会議員は、一人残らず議員としての資格ゼロであり、極端にたちの悪い単なる税金泥棒であるに過ぎない。このような国政に巣食ったゴキブリどもは、即刻議員辞職願を提出して議員の職を辞し、これまで不当に受け取ってきた税金の全額を謹んで国に返納した上で、NHKのゴールデンアワーの特別番組において、全国民に向かって、これまでの不心得極まりない職務怠慢と不行跡の数々を具体的かつ神妙に白状した上で、二枚貝のように出来るだけ固く小さく身を折りたたんで深く深~く土下座し、主権者たる心も魂もある全国民に対して、心の底より謝罪すべきである。


お奨め YouTube 動画

・【経済討論】奈落へ?世界経済の行方[桜R1/10/12]




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント