No.3723 国際金融システムの崩壊の後に 






 かつて、自らの支援者に対して「下々の皆さん」と発言したことで超有名なグローバリスト麻生太郎は、この国の主権者である国民を舐め切り、同じように悪い血筋の詐欺グローバリスト安倍晋三と組んで消費増税のごり押しや大企業に有利な法人税率の引き下げや直接国民の食の安全や命に関わる種子法の廃止および水道の民営化などの売国政治を次から次へと押し進めてきました。このような売国コンビの片割れはその仲間らと共に必ずや厳罰に処されねばなりません。

 ところで、とうとう原田武夫氏によって世界の簿外資産(ぼがいしさん)の真相が明かされました。これまで潜在的に進行してきた国際金融システムの崩壊がこれから徐々に顕在化していくことが予想されており、それと共に、中国最古の王朝とされる夏(か)王朝の血を受け継ぐ客家(ハッカ)によって管理されてきた1京(けい=1兆の1万倍)のその又1万倍の垓(がい)の単位にまで及ぶ天文学的な帳簿外の隠れ資産によって、まもなく崩壊し始める現行の国際金融制度に取って代わって、まったく新しいシステムを創造していくということです。そして、その新しい金融システムが完成するまでの間、世界中で、政治的にも経済的にも、また、社会的にも金融的にも、長期にわたってカオス的な混乱状態が続くことになり、そのような厳しい期間を無事に生き延びるべくわたしたちは今からしっかりと準備しておく必要があります。もちろん、原田氏の話の真否のほどは確かには分からないのですが、その可能性を否定し切ることはできず、われわれ一般庶民は、出来得る範囲でそのための備えをしておくに越したことはないと思われます。いずれにせよ、これまでのわれわれ人類の後先構わぬ欲望の文明の文明的崩壊は今や目前に迫っており、その為の最低限の備えは精神的にもしておくべきだと考えます。


  お奨め YouTube 動画

・#経済危機#IMF#消費税 [IMFの正体] ゲオルギエワの腹話術師⁉️
・山本太郎日本記者クラブ記者会見2019年12月4日
・ドイツ銀行破綻とマネーロンダリングと日銀の闇。CDS、CLO、デリバティブ、国際決済銀行、BIS。
・本邦初公開!あなたの知らない「簿外資産」の真相。中曽根御大へのオマージュ(原田武夫の道中辻斬り Vol. 84)
・宇野正美 1/4 ~ 4/4 NWOから決別出来ない日本、決別して崩壊する??中国
・藤原直哉「中国の実態があらわに」 後半音声
・David Icke talks on Free Speech, Entrepreneur Challenges and Consciousness (TDE #250)
・Preparing for Court! (Stop007)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント