No.1193  本質主義、全体観、ユートピア

  本質主義者は、個人の意識と生活スタイル、および、社会のルールとシステムと構造を本質化、すなわち、全一調和的なものにしていくことによって地球社会全体をユートピア化しようとします。そして、そのために全体観を社会全体に行き渡らせようとするのです。なぜなら、全体観なくして全一調和的な社会は築けないと考えるからです。
  また、社会の本質的変革のためには、その果たす役割の極めて大きな政治に携わる人たち対し、一般の人々に倍した全体観を養っていることをその基本的な資格として求めます。なぜなら、全体観の乏しい政治家による政治ほど社会にとって有害なものはないからです。
  本質主義者は、地域社会においても国においても国際社会においても、お互いにいのちの本質を中心とする全一調和的な全体観に基づくどこまでも公正・平等な政治的スタンスを確立し合わない限り良い地球社会は築けないと信じます。
  そして、本質主義者は、このような信念を抱きながら、より本質的な未来社会の実現に向かって、自己中心的偏見を乗り越え、浪費的、享楽的生活スタイルを止め、不公平な社会的ルールをより公平なものにし、弱肉強食的社会システムを全一調和的な社会システムに変え、不平等なピラミッド型の社会構造を平等なネットワーク型の社会構造に変えていこうとするのです。


ユートピア
希う心の
絶えざらん
世に悪事(まがこと)の
尽きざる内しは

"No.1193  本質主義、全体観、ユートピア" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント