アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)
ブログ紹介
本質文明研究所 有我 十三です。
いつか自分が住んでみたいと思うような未来の完全社会あるいはユートピアについて自由に考えています。


ホームページ 『 本質文明 ・永遠のユートピア 』
http://www.geocities.jp/hh2277jp

 本質文明研究所の補助機関として平成21年7月1日、『 光と水の会 』 を立ち上げました。

* 当会へのご寄付は下記の口座までお願い申し上げます *

ゆうちょ銀行  店名 三二八   店番 328
普通預金 口座番号 0976589   光と水の会


なお、ゆうちょ銀行からお振込みの場合は、
 
記号 13260  番号 9765891  光と水の会

宛となります。
zoom RSS

No.3423 現生人類はヤク中である

2018/01/15 10:10



  来るべき絶対的な神的愛の純粋波動性と真実智に基づく本質文明世界においては、大自然との一体性の下に絶対平等社会を築き上げ、この世に生を受けることのできたあらゆる人間一人一人の本質実存( 創造的かつ自由な、自己の本質実現的生活 )を社会システム的に保障するために絶対民主主義社会システムを構築しようとします。 そして、この世の本質に対する無知、自己中心的な欲望、力( 暴力や権力 )、金などと言った人間を精神的に惑わしやがて自己破滅に陥らせるような強い薬物中毒的悪影響を及ぼすようなものを社会から徹底的に取り除こうとします。 そして、そのために以下の事が禁じられます。

  あらゆる形の主従関係、支配・被支配関係、身分制度、上下関係、選民思想、優生思想、貴賤思想、貧富の格差、男女差別、人種差別、民族差別、エリート主義、あらゆる社会的権力、あらゆる暴力、利潤、利子、中央銀行制度、私企業、搾取、独裁、専制、帝国主義、全体主義、資本主義、独裁的共産主義、カルト宗教、秘密結社、情報操作、ジオエンジニアリング( 地球工学 )などの地球環境破壊的操作、兵器製造、戦争、原発、遺伝子組み換え作物、過剰医療、行き過ぎた科学利用、・・・

  かくして、この世の永遠不変の真実を反映した全一統合思考に基づく近未来の本質文明世界においては、現代世界を支配している強欲極まりない悪魔外道の薬物中毒的集団が悪用する人間の無知と力と金とあらゆる形の情報操作を無力化し、かつまた、その原因となるものを初手から取り除くために、反愚民化・反権力・反利権・反情報操作対策を徹底的に推し進めます。 と同時に、これからさらに危惧される科学の技術的進歩の悪用や暴走を防ぐために、これまでの利己的な知性を中心とした政治体制から本質的な知性と高い精神性に裏打ちされた本質智を中心としたそれへと転換しようとします。
  このように、本質主義者は、人類滅亡を目前にした今、これまでの愚か過ぎる文明史を、人間の性(さが)の為す業だなどと呑気に言って済ますことのできない由々しくかつ恥ずべきものと考え、何としてでも、人類の存在自体が空しくなってしまう前に、人類の本質的無知と欲望の暴走を乗り越えるべくあらゆる手立てを尽くさねばならないと苦慮しているのです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3422 本質文明は真実智(本質智)と絶対的愛の波動文明である

2018/01/12 07:29



  絶対的一体性をその属性とする完全エネルギー界は、人間的な偏愛を超えた絶対的な神的愛の純粋波動世界であり、又、全一的調和性をその属性とするこの宇宙は、常に全一連関的なバランスを保とうとする全一精神が働く本質的な智恵世界であるということができます。 ここにおいて、本質的な智恵( 調和的エネルギー )の極みが絶対的な愛( 一体的エネルギー )であるというこの世の根源的真理の説明が付くことになります。
  さて、翻って、この世の本来あるべき本質文明について考える時、わたしたちは、この世の根源的実体である完全エネルギー界の属性である絶対的一体性と、その完全エネルギー界から生まれたこの全一連関宇宙の属性である全一調和性とを共に満たすことのできる真実智( 本質智 )と絶対的な神的愛の波動性{ 完全精神の活(はたら)き }を基底に据えた精神性の高い文明に行き着くことになります。
  しかるに、現代世界はあろうことか、まさにその真逆の方向に凄まじい勢いで突き進んでいるのです。そして今やいつ人類滅亡の時を迎えるかも知れない最悪の状況にあります。 今この流れを止めなければわたしたち人類に未来はありません。
  ところで、このような状況を生み出した悪魔外道の族を中心とした強欲傲慢な国際的強盗殺人詐欺集団が、今や世界中で、歴然とその姿を衆目に晒し始めています。 わたしたちは今こそ、このような精神的腐敗勢力を一掃し、本来あるべき本質文明を築いていかねばなりません。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3421 人類が生き延びるために

2018/01/11 11:32


  この世の根源的実体である、聖にして至高にして不二なる、永遠・無限・神秘の、完全エネルギー界の完全統合性と一体となった人間の精神状態を、絶対精神ないしは完全精神ないしは超越精神と呼ぶ本質主義者は、完全統合状態にある完全エネルギー界を、人間的な偏愛を超えた絶対的な神的愛の純粋波動世界と観じます。
  又、そのような一体的な完全エネルギー界から生まれた、この全一連関的宇宙において、その一切万象を統べている全一バランスの法則に逆らうことのない、すなわち、生命体としての人間に必然的に必要とされる本質的な要求を遥かに越えるような私欲に汚されることのない、バランスの取れた本質的な精神状態を全一精神ないしは純粋精神と呼ぶ本質主義者は、同じように、この世の本質状態である全一バランス状態を保とうとする全一精神ないしは純粋精神の人間的な働きを真実智ないしは本質智と観じます。
  そして、このような絶対的な神的愛の純粋波動性と全一的な真実智とを人間世界の基底に据えた全一調和的な本質文明をこの世に立ち上げようとするのです。 そして又、そのために、現代世界を私物化し我が物顔に振舞って自然を損ない、生態系を破壊し、人類の本質的な権利を強欲傲慢に収奪し続けるような、どこまでもこの大自然の本質、すなわち、絶対的な愛の純粋波動性と真実智に悖(もと)る悪魔外道の族を徹底的にこの地球上から駆逐しようともするのです。


  安藤昌益の言葉 :

  しかし、天下は天下の天下であって、堯ぎょうの天下でもなければ舜しゅんの天下でもない。

  天下の人間は全部が一人の人間なのです。 すべての人間が一人の人間であるこの天下に生まれたからには、直耕ちょっこうして天真てんしんとともに衣食の道を得るべきでしょう。 すべての人間が一人の人間であるこの天下で、だれを治めるといって王になり、だれに対して王になるというのですか。あなたは耕さずに貪食どんしょくして天道てんどうを盗んでいる。だから天下に盗みが始まる張本人です。

  自然宇宙の生々するはたらきとともに直耕し、みずから生産した穀物で食を安んじ、貪食を知らず、与えるが奪うことを知らぬ人物こそ夫子ふうしというのである。                      


  お奨め YouTube 動画

  ・Noam Chomsky - The Crimes of U.S. Presidents

  ・Ozone Layer Collapse, A Former NASA Contract Engineer Warns Of Planetary Omnicide ( Dane Wigington )
  ・Geoengineering: Waging Weather Warfare On World Populations ( Dane Wigington )
  ・Geoengineering Dangers Discussed By Officials , Agency Scientists And Other Experts
  ・An Army General Discusses 911, Military Drills On US Soil, And Geoengineering ( 再掲 )
  ・Dane Wigington in Sacramento -- Is climate engineering decimating our weather?
  ・ドイツ、ケムトレイル(ジオエンジニアリング)報道
  ・Conspiracy: Look-Up! What in the World Are They Spraying? [Full Movie] CHEMTRAILS
  ・「ケムトレイルについて」 鈴木誠司
  ・日本でのケムトレイル

  ・天皇財閥 日本赤十字社=皇族私的団体・非課税特権
  ・昭和天皇ヒロヒト&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス
  ・【オルタ10】日本人を大量虐殺した天皇家の皇太子妃・雅子の一族
  ・君が代 をヘブライ語で解釈する   【天長】
  ・日本近代史最大のタブー:明治維新と田布施システムの秘密を解明 10/26(土)
  ・概要 CIA創価学会天皇一族が日本から金を抜き米に貢ぐ 2014/5/27(火)
  ・日本の真相3 天皇のための戦争・天皇は内通していた
  ・日本の真相5 すべての戦争は八百長である
  ・【ダイジェスト】高橋五郎先生「天皇の金塊 ゴールデン・リリーの謎」特別記念独演会ワールドフォーラム2016年3月
  ・高橋五郎氏「天皇の金塊と広島原爆」 −誰にも明かされてない近現代史の真実−ワールドフォーラム2009年5月特別講演
  ・【ダイジェスト版Vol.2】高橋五郎先生「日本の黒幕 現世界の富の源は、天皇の金塊だった!」ワールドフォーラム2017年

  ・Danielle DiMartino Booth – 2018 - Inflation and Deflation Simultaneously
  ・Numerous Pattern Shifts Indicate A Recession Is On It's Way:Lynette Zang
  ・5 January 2018 - The CEC Report - There is no deposit guarantee / 2018: The everything bubble blows?
  ・2 January 2018 - The CEC Report - SPECIAL - The Secretive British cult of neo-liberalism

  ・Death by Medicine a film by Gary Null ✪ Documentary Films HD 2017


  お奨めGoogle ライブ放送

  ・ライブ履歴 (2,455) » Japan 一般庶民のための『市民革命論』第三回講座:(ブログ記事再掲) 明治維新から現代まで続く【でっちあげ天皇制=田布施システム】とは何か?



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3420 絶対精神と全一精神について

2017/12/31 17:15



  本質主義者は、この世の根源的実体である聖にして至高にして不二なる永遠・無限・神秘の完全エネルギー界の完全統合性と一体となった人間の精神状態を絶対精神ないしは完全精神ないしは超越精神、そして又、そのような完全エネルギー界から生まれたこの全一連関的宇宙において、その一切万象を統べている全一バランスの法則に逆らうことのない、すなわち、生命体として必然的に必要とされる本質的要求を遥かに越えるような私欲{ 貪欲(とんよく) } に汚されることのない本質的な精神状態を全一精神ないしは純粋精神と呼び、このような精神のあり方を、本来あるべき人間の自然状態であると考えます。 思えば、わたしたち人類も、かつては長きにわたってこのような精神状態を保っていたのです…
  ところで、嘆かわしいことに、わたしたち人類は、今や自らの積年の愚行によって滅亡寸前です。 自らの手で富を生み出すことができるようになって以来、人類の本質的な生命活動が欲望追求的生命活動へと変質し始め、人間の高い知能がそのような活動と結びつき、その文明化の過程で、他に掛け替えのないこの地球の生命環境を甚だしく損ない始め、それが今では極限的状況を呈して日々わたしたち人間自身をも含んだ地球生命系全体の健全な生命活動を損ない、その存続すら脅かしているのです。
  さて、欲望に火がついてからの人類は、それまでの自然本来のバランスの取れた全一精神を保つことができなくなりそれと共に自己中心的な傾向を強めていきます。 そして、やがて止めどなき欲望の暴走が始まってしまいます。 欲望は人間にとって、いわば、ヘロインなどの強い中毒性を持つ麻薬のような作用を及ぼしていると言うことができます。 その強い習慣性によって目先の欲望追求に強く囚われてしまい、やがてそれは自らの精神を深く侵し、遂には正気を保つことすらできなくなって自己破滅に至ります。 この全一連関的バランス世界において、自然本来の全一精神に拠る本質的な生命活動ではなく、自己中心的な欲望追求に囚われた節度なき貪りの生命活動のその先には必ずや惨めな死が待ち受けています。 それが大自然の永遠に変わらぬ法則であり掟なのです。 そして今、わたしたち人類は、正に自らの愚行によって人類的な死を目前にしているのです。
  ここで、現代世界を見渡せば、暴力や金や利子・利潤、また、法律や政治や経済活動、あるいは、学校教育やメディアやカルト宗教などを通じた巧妙な情報操作など、その他、実にありとあらゆる姿形を取った欲望追求活動に囚われた人間の関わるあらゆる物事が、本質的に愚かしく、気違いじみ、更には手のつけようのないほど腐り果てているようにすら見えます。 勿論、それに抗して、まだ多くの正気を保った心ある人々による、それを正そうという本質的な動きも見られるのですが、それもまだ十分に大きな力とは成り得ず、世界は自己破滅への道を為す術もなく滑り落ちようとしているかのように見えてしまうのです。 今、わたしたち人類は、このまま愚かしくも貪りの文明の果てに自滅してしまうのか、それとも、これまでの自然の摂理に逆らう本質破壊的な悪魔外道の文明を本質智によって乗り超えて、精神性の高い、いわば、本来の絶対精神と全一精神に倣い、真に本質創造的な文明を築き直せるかの最終的な闘争の時代に突入しています。 これは、全人類を巻き込んだ精神と生命を懸けた必死の闘いであり、この戦いに勝利しなければ人類に明るい未来などなく、この期に及んでもなお生命を惜しんでいては勝利の覚束ない究極の最終全面戦争なのです。 心ある人間は一人残らず、今こそ意を決し死を賭して、人類全体の本質的未来のために戦うべき秋( とき )です。


  お奨め YouTube 動画

  ・((NEW)) A WISE MAN SEES DANGER AND GET OUT OF THE WAY
  ・Geoengineering Reality: Film Footage And Facts Prove Contrail Myth ( Dane Wigington )
  ・Geoengineering And The Dying Of The Trees ( Dane Wigington GeoengineeringWatch.org )
  ・Q & A, Engineered Drought Catastrophe, Target California ( Dane Wigington GeoengineeringWatch.org )
  ・An Army General Discusses 911, Military Drills On US Soil, And Geoengineering ( 再掲 )
  ・Geoengineering Watch Global Alert News, December 30, 2017, #125 ( Dane Wigington )



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3419 聖なる完全バランス存在

2017/12/20 09:44



  この聖なるエネルギーに満ち満ちた完全バランス世界において、わたしたち、この世の常なる全一バランスの法則に目覚めた者は、聖ならざるもの、および、バランスを損なうもの、すなわち、この世の本質に対する人間の無知から生じるあらゆる形の自己中心主義を徹底的に嫌います。
  わたしたち人間も、他の一切の有情・無情同様、一人の例外もなく、聖なるエネルギーに満ち満ちた完全バランス存在として、この世に、それぞれの生を受けます。 すなわち、われわれは誰も、その本質において、聖なる完全バランス存在なのです。

  { この事は、禅宗の六祖慧能が、兄弟子である神秀の偈

   「身は是菩提樹、心は明鏡の 台の如し
         時々勤めて払拭し、塵埃有らしむるなかれ」

  に対して作った次の偈にも端的に表されていると思います。

   「菩提樹本無し、明鏡亦 台無し
         仏性常に清浄、何処にか塵埃有らん」(敦煌本)

  ここで、勿論、宗教的な立場からは慧能の偈の方がその心境においてより優れていると思われますが、あらゆる人がこのような高い本質的な心境に至るのはなかなか難しいと思われますので、それは人生における究極的な目標として、それぞれの生活の中で工夫して求めることとし、わたしたちは、世俗的な政治的・経済的・道徳的な立場から、それぞれの器量に応じて神秀の偈をも大いに珍重していきたいと考えます。}


  さて、その本質において聖なる完全バランス存在としてこの世に生を受けたわたしたち人間には、当然、それに相応しい生き方が求められます。 そして、同じように、それに相応しい社会制度が求められます。 それは本来、当たり前すぎるほど当たり前の道理なのです。 しかしながら、今わたしたちが生きているこの世界は、政治的にも経済的にも、文化的にも精神的にも、その他、生活のあらゆる面においても、まったくその道理に背くでたらめ極まる状況にあります。 そして、日々、あらゆる禍ごとに悩まされ、苦しめられている有様です。 このようなことは、言わば、人間が自ら招いた自業自縛の悪因悪果であり、あらずもがなの人為的災厄に他ならないのです。 わたしたちは、いつまでもこのような愚かなことを続けていてはなりません。 人類が自らの無知と強欲によって自滅する前に、今を生きているわたしたちは、自らの全生命を懸けてこれを正していかねばなりません。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3418 悪魔外道の所業

2017/12/19 07:23



  人類的危機の時代を生きている今、民族間、宗教間、国家間の優劣を言い募ったり、経済システムや社会体制の好き嫌いを自己中心的な立場から競い合ったりと、いつまでも料簡の狭い事を言って人間どうしが争い合ったりしている場合ではない。 そんなくだらないことは差し置いて、今我々が人類的に取り組まねばならないことは、差し迫った自然環境の致命的な破壊をいかに食い止め、われわれ人類が、自らの生存を保つために必要不可欠な、他に掛け替えのないこの母なる地球の健全な生態系が、愚かしくも、われわれ人類自身の、節度なき活動による地球生命環境の悪化によって、遂には不可逆的な滅亡のプロセスになだれ込んでしまうというような最悪の事態を防ぐことでなければならない。
  そのためには、現代西欧文明のように、この世の根源的実体である聖なるエネルギーそのものを科学技術の濫用によって悪用したり、或いは、宇宙大自然の全一バランスの法則を無視して強欲傲慢に覇権争いに明け暮れたり、更には、あらゆるペテンと欺瞞によってシステム的・法制的に地球を私物化し、人間を含む地球の生命系と物質系が持っている価値あるものを止めどなく収奪し続けたりすることによって、大自然本来の全一バランス状態を損なって、あらずもがなのあらゆる禍ごとを生み出すような悪魔外道の所業を即刻止めなければならないのである。
  そして、それに代えて、日本の縄文時代、あるいは、ネイティブ・アメリカンやインディオやアボリジニなどの世界中の先住民族などに見ることのできるような、大自然と一体となった全一調和的な生き方を文明の基底に据え、その上に、現代の科学技術の真に価値あるところを活用して、人類の生活環境を高め、同時にまた、地球生命系全体の生命環境をも高めていくような全一調和的な共生進化の道を、全人類共通の課題として、お互いの知恵を出し合いながら人類一丸となって追求していく本質的文明を築き上げていくのである。
  その時、現代世界を悩ます人類間のくだらない対立や争い事など雲散霧消してしまう。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3417 全一バランスの法則

2017/12/15 20:51



  この世の根源的実体である、聖にして至高なる永遠・無限・神秘の完全エネルギー界から生まれたこの宇宙において、宇宙全体を統べている『 全一バランスの法則 』から逃れられるものなど何一つとして存在し得ません。 この宇宙におけるすべての物事があらゆる時局においてこの全一バランスの法則に従っているのです。 この事は、常にわたしたち人間の心の中心に据えておくべき第一義の法則です。 なぜなら、この法則を守らないところから人間世界を悩ますあらゆる問題も生じているからです。 従って、わたしたちは事ある毎に必ずやこの大原則に立ち返り、地域社会や国や世界の、政治や経済あるいは文化や芸術や生活や娯楽などの基本的なあり方、そして又、その時代を覆っている一般的な風潮や、翻っては文明そのものの根本的なあり方をもその根底から見直していく必要があります。 このことは、現代のように精神的に腐敗堕落し乱れに乱れた人類的危機の時代においては尚更です。 今こそわたしたちは、この事を緊急の問題として直視し、社会のあらゆる局面において、全一バランスの法則を基底に据えたこの本質的な見直し作業を徹底的に遂行していかねばなりません。 そして、この法則にもとるあらゆる物事を正し、本来あるべき全一バランス状態を現代世界に回復することによってわたしたち人類を脅かすこの終末的な時代状況を乗り越えていかねばなりません。 この本質的作業を抜きにしてわたしたち人類に明るい未来はあり得ないのです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる