アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)
ブログ紹介
本質文明研究所 有我 十三です。
いつか自分が住んでみたいと思うような未来の完全社会あるいはユートピアについて自由に考えています。


ホームページ 『 本質文明 ・永遠のユートピア 』
http://www.geocities.jp/hh2277jp

 本質文明研究所の補助機関として平成21年7月1日、『 光と水の会 』 を立ち上げました。

* 当会へのご寄付は下記の口座までお願い申し上げます *

ゆうちょ銀行  店名 三二八   店番 328
普通預金 口座番号 0976589   光と水の会


なお、ゆうちょ銀行からお振込みの場合は、
 
記号 13260  番号 9765891  光と水の会

宛となります。
zoom RSS

No.3400 日本が終わる、世界が終わる

2017/09/17 19:07



  人間の手によって富を生産できるようになって以来、その時代時代の支配狂たちを中心として繰り拡げられてきたこれまでの覇権をめぐる長い長い闘争の歴史を、本質的な精神によって連帯し合う心ある多くの人間の手によって早急に乗り越えなければ、わたしたち人類に未来はありません。 本質的人間を中心とした、大自然と一体の創造的共生進化ではなく、支配狂たちの利己的な欲望追求を優先させる現代の反自然的な本質破壊的狂気が、今や世界全体を飲み込んでわたしたち人類を破滅の淵に引きずり込もうとしているのです。
  さて、敗戦後七十有余年にわたって、政治的にも経済的にも軍事的にも、( 今や明日にでも財政破綻する恐れのある ) 米国の属国であり続けてきたわたしたちの国日本は今、本質主義者の目にはほとんど滅亡一分前と映ります。金と権力に目が眩んで精神の腐敗し切った売国与党と売国官僚と財閥を中心としたこの国の支配層は、アメリカ側の望むがままに様々な情報操作を行い続けてこの国の国民を心身共に甚だしく劣化させてしまいました。  このままでは、人口の急激な減少とも相まって、精神的にも身体的にも物質的にもこの国に明るい未来は期待できません。 のみならず、地震大国日本をいつ襲うかもしれない大地震などによって現在稼働中の原発が重大事故にでも見舞われれば、日本列島はたちまちにして、それを取り囲む日本海および太平洋の沿岸海域も含めて、人間も他の生物たちも住み続けることの出来ない放射能汚染地域に一変し、そのままこの国は半永久的に終わってしまいます。
  また、本質主義者の目に世界は滅亡二分前と映ります。 核戦争の脅威、生態系の破壊、地球温暖化による気候変動・異常気象による食糧難、環境汚染・薬害・医療犯罪などによる健康被害、間近に迫った世界の経済破たんによる社会のカオス化など、現代の悪魔的支配狂たちによる様々な社会操作によって世界はすでに終末的な状況に追い込まれています。
  このような極限的時代に生きるわれわれが、今こそ死を賭し、共に連帯して為すべきことは、現代世界の諸悪の根源である、金融、麻薬、戦争などを超法規的に操作して莫大な利潤を貪りながら、いつまでも狡猾に世界を私物化し続ける支配狂シンジケートに立ち向かってこれを制圧し、以って、人類の本質的未来を守り、かつ又、より良い本質的未来を新たに切り開いていくことなのです。


  お奨め YouTube 動画


  ・The REAL Leaders Of The World (Must See Documentary)
  ・97% Owned - Economic Truth documentary - Queuepolitely cut
  ・広瀬隆講演会「福島のいまと岡山のこれからー第一部第二部」20170514
  ・Geoengineering Watch Global Alert News, September 9, 2017 ( Dane Wigington GeoengineeringWatch.org )
  ・Geoengineering Watch Global Alert News, September 16, 2017 (Dane Wigington GeoengineeringWatch.org)
  ・New Jeff Rense 2017 - Jeff Rense and Regis Tremblay How Close Are We To The END
  ・Thirty Seconds To Midnight - The Final Wake Up Call
  ・Vanishing: The extinction crisis is worse than you think
  ・The Ghosts of Jeju
  ・Corporations That Want You Dead - Jim Marrs
  ・世界各地で起こるテロの原因 そもそもの発端となっている仕掛け人たち【NET TV ニュース】UK Commission 2017/09/16
  ・世界各地で起こるテロの原因 やられたらやり返すの復讐劇の最初の発端はアフガニスタン侵攻【NET TV ニュース】朝堂院大覚 有楽町土曜会 2017/09/16
  ・安倍総理大臣の辞任後のNEXTは加藤勝信内閣か?と亀井静香 青山三丁目の900坪の土地【NET TV ニュース】朝堂院大覚 国有地払下げ事件 2017/09/16
  ・私立学校のほとんどが通う価値のないレジャーランド大学【NET TV ニュース】朝堂院大覚 文科行政御意見番 2017/09/16
  ・ベンジャミン・フルフォードが入手した近いうち暗殺されるリスト 「中曽根親子」「森元総理「孫正義「竹中平蔵」「大手企業会長」 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/09/14
  ・ベンジャミン・フルフォードの政界進出で行き詰った経緯と賄賂目撃談【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/09/14
  ・対空ミサイルをなぜトルコはロシアから購入したのか ヨーロッパのロスチャイルド支配分布【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/09/15
  ・ゴールドマンサックスのCEOが金融市場に警告を発しました。A地球工学による気象操作



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3399 米ドルの価値急落間近か?

2017/09/08 20:01



  いよいよ米ドルの価値急落の時が迫ってきたようです。 今年中ないしは来年早々にも古今未曽有の恐慌がアメリカ社会を襲い、そして、その衝撃波がたちまち世界全体を駆け抜ける確率が非常に高くなってきました。 その時、この国は一体どのような影響を受けることになるのでしょうか。 わたしたちは今から、あらゆる状況に対応できるよう持てる想像力を最大限に働かせ、できる限りの備えをしておきたいものです。
  さて、この差し迫った恐慌は、多くの人々に非常に大きな経済的苦難をもたらします。 しかし、他方、同時に、この恐慌は、これまで多くの人々を苦しめてきた不公平極まる現行の政治的かつ経済的システムをも弱体化させ、さらには、廃止させてしまう可能性をも秘めています。 例えば、経済格差を極大化させる新自由主義経済システムや人類を借金漬けにする The private western central bank system ( 中央銀行制度 ) などです。
  この際、全人類の幸せのために、これらの不公平極まりないまやかしの制度を廃止すべく心ある全人類の力を大いに尽くし、それらに代えて、より公平でまやかしのない制度を創り上げていきたいものです。


  お奨め YouTube 動画

  ・REALIST NEWS - Fed Vice Chair Stan Fischer Resigns For Personal Reasons (No way a coincidence)
  ・It Begins, Central Bank Shake-Up & The Control Of The Fed - Episode 1372a
  ・Rothschild Taking Down the Dollar? China Launches New Oil Benchmark As Bankers Move Money East
  ・A-L-E-R-T: Rothschild Pulls ALOT Of Money Out Of U.S.—Ominous Things Are Coming…


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3398 なぜ現代世界は気違いじみているのか

2017/09/02 22:15


  現代世界ではあらゆることが混乱し気違いじみて見えます。 何故こんなことになってしまったのでしょうか。
  その理由は簡単です。わたしたち現生人類が自分自身の手で富を生産できるようになって以来、その富をめぐって熾烈な覇権争いが起こり、ここ一万年ほどの歴史的変遷の中で、この世の本質を弁えない、より愚かで、より利己的で、より嘘つきで、より冷酷で、より高慢で、より気違いじみた最悪の人間が地球の支配権を握り、そのために、今ではすっかり反自然的で、反生命的で、反人間的な本当に気違いじみた世界が出来上がってしまったのです。 そして、わたしたちは明日にも、すでに破綻寸前状態になっている地球の自然環境の破壊がさらに進み、命の世界が死の世界へと反転して人類が滅亡してしまうかも知れないというまさにギリギリの終末的状況にあります。
  このような究極的な時代的難局を乗り越えてこの先も人類が生き延びていくためには、権力に酔い痴れた現代の支配層に巣食う本質的な無知とエゴと狂気を、心ある多くの人々の、この世の永遠不変の真実に基づいた本質的な知恵と慈しみと正気によって乗り越えていくことによって、この世の全一調和的な本質( 的法則 )に逆らうことのない、誰もが一人一人活き活きと生きていくことのできる、自然的で、生命的で、人間的な、精神性の高い人間世界を築き上げていくことがどうしても必要なのです。

  参考:

  ・アーリア人 ( インド‐ヨーロッパ語族、アーリアは「高貴」を意味する、支配階級、身分制度 白人至上主義、優生思想、差別 )
  ・フェニキア人 ( Phoenician→phony=インチキの、アルファベット、海洋民族、海上交易、ベネチア、赤白の縞模様、バイキング、 英米の国旗、CNN、赤十字、テンプル騎士団→スイス、フリーメイソン、バチカン、イエズス会・Saturn Needs Atomic Fuel, Phoenicians Run the Pump、 ・Rome, Amun, Egypt, Switzerland, Tyre, Venice, Black Nobility, Jesuits & More )
  ・パリサイ人 ( ユダヤ教の一派、律法主義、排他的形式主義、→バビロニア タルムード、極端な選民思想 )
  ・ハザール・マフィア ( ロスチャイルド、アシュケナージ系ユダヤ人、バビロニア タルムード、シオニスト、イスラエル、

  以下、『 ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行について 』 から抜粋して引用 

  古代バビロンの黒魔術オカルト(の悪魔=ルシファー崇拝)=悪魔崇拝儀式…子供たちを生贄に捧げ、子供たちの身体から血液を抜き取り、その血液を飲み、心臓を食べるというものでバール信仰(エジプト、西セムの主神の偶像崇拝=フクロウ崇拝)に由来
  周辺国から来た旅人らに盗賊行為、窃盗、殺人を繰り返して彼らの身分証明書を盗み、彼らに扮して生き続けた。
  ハザール・マフィアはハザール国から追放された数百年後にイングランドを侵略した。イングランドを侵略するために、彼らはオリバー・クロムウェルを雇い、チャールズ一世を殺害させた。そしてイングランドを彼らの金融ビジネス天国にした。その後、イギリスでは10年間内戦が続き、イギリスの王族や純粋なイギリス貴族が大勢殺害された。このようにしてハザール・マフィアはロンドンをヨーロッパの金融の中心地にし、英国帝国の歴史が始まった。 
   ハザール・マフィアは、バビロンの黒魔術オカルトの一種である、無からお金を生み出したり、悪質な高利貸しを行い巨額の富を得るバビロンの金融マジックを使って、世界中の金融ビジネスを奪い支配した。
  無から偽造貨幣を作り出す不換紙幣本位制の民間金融システム
  全知全能の神の神権により国を統治していた国王を全て排除
  1600年代に、ハザール・マフィアは、イギリスの王族を全て殺害し、ハザール人をイギリスの王族に仕立てあげ、英王室を乗っ取った。
  1700年代に、彼らはフランスの王族を殺害した。
  第一次世界大戦直前には、彼らはオーストリアの大公を暗殺し、第一次世界大戦を勃発させた。
  1917年に、彼らはハザール・マフィアの陸軍(ボルシェヴィックス)を結成しロシアに侵入しロシアを乗っ取った。彼らはロシア皇帝と皇族を平然と殺害し、ロシアの金、銀、重要美術品を強奪した。
  第二次世界大戦直前に、彼らはオーストリアとドイツの王族を殺害した。さらに彼らは中国の皇族を追放し、日本の天皇からも権力を奪った。
  彼らはアメリカでも同様に、彼らの巧みな秘密作戦を行うことで大統領の権力をことごとく削いだ。 彼らの秘密作戦がうまくいかないと、彼らは大統領を暗殺した。黒魔術の金融マジック或いは小児性愛犯罪組織ネットワークで秘密の力を得ている彼らに従わない強いリーダーシップの大統領を憎悪し暗殺する。
  国際麻薬売買組織
  北米に埋もれていた豊富な天然資源を奪うために北米先住民(インディアン)を大量虐殺するように命令
  国際奴隷貿易会社を設立、ハザール人は、彼らの悪魔組織(古い黒い貴族)に所属していない世界中の人間はみな動物として扱う、ロスチャイルド家はアフリカの不正な首長と共謀して大量のアフリカ人を拉致し、首長に代金を払い、アメリカやカリブに連れていき奴隷として売った。
  ロスチャイルド家は戦争は彼らに短期間で莫大な利益をもたらすことを知り、戦争を行っている両サイドに軍事資金を貸した。貸したお金を両サイドから確実に徴収できるようにするため、ロスチャイルド家は各国に(国民から税を必ず徴収させ、国の借金をロスチャイルド家に強制的に返済させる)税法を制定させた。
  ロスチャイルド家がアメリカの革命戦争に負けた時、ロスチャイルド家は負けた原因はロシア帝国とロシア人がアメリカの開拓者(イギリスの船を封鎖する)に手を貸したからだと非難した。
  ハザール・マフィアは西暦1000年にハザール王国を崩壊させ彼らを追放したロシア人とアメリカの開拓者に対する永遠の復讐を誓った。そのため、ロスチャイルド家とイギリスのオルガルキーらはアメリカを奪還する策略を考えた。
  その方法として、彼らはアメリカに中央銀行を創設し、バビロンの金融マジックと秘密の偽札造りを行わせることにした。ロスチャイルド家のカザール・マフィアは1812年にアメリカを奪還しようとしたが再びロシアの邪魔が入り、失敗に終わった。
  怒り狂ったロスチャイルド家はロシア人とアメリカの開拓者に復讐を企てた。それは。。両国にハザール・マフィアを潜入させ、両国を乗っ取って圧政を行い、両国の国民を大量虐殺し、両国の資源をむしり取ることである。
  そしてついに1913年にロスチャイルド家はアメリカ国内に、アメリカ国民の邪悪な敵である中央銀行を創設することに成功した。それ以来、邪悪なアメリカの敵がアメリカに入り込むようになった。
  次にロスチャイルド家がアメリカで行ったことは、アメリカ人に高い税金を支払わせるために違法な税制度を設定した。ハザール・マフィアは、腐敗した不正な米連邦議会と大統領と言う名のパペットを使い、ハザール・マフィアに巨額の税金を横流しさせている。
  ハザール・マフィアは潤沢な資金を使って、彼らに都合のよい議員や大統領を選挙で勝たせて就任させた。彼らは、偽札を大量に刷ったり、アメリカ人から高い税金を支払わせたり、連邦議員に賄賂を与えることで、アメリカの金融界を支配してきた。
  その後、彼らは自分達(金融マフィア)を保護するために、FBIを創設し、彼らが行っている数々の犯罪行為(児童に対する性的虐待、生贄、虐殺)やそのネットワークを隠蔽させた。
  連邦議会の公文書に、FBIは正式に認められた機関ではないと書かれている


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3397 モラルについて

2017/08/28 00:38



  本質主義者にとってモラルとは、この世の根源的実体である神聖にして超越的な完全エネルギーの内に満ち満ちている 『 自ずからなる一体的完全性( のはたらき ) 』 に倣おうと努めることであり、また、この大宇宙を統べる 『 全一統合的バランス変化の法則 』 に従う事でもあります。 すなわち、全てが一体不可分のこの世において、決してわれわれ現代人のように 『 必然的必要性を超えて私利私欲を貪らない事 』 が人間としてのわたしたち一人一人にとって最低限守らねばならない永遠不変の本質的モラルであると信じるのです。 このように人間的モラルを了解する本質主義者の目に、現代世界はまさにモラルのすたれ切った利己的貪りの極まった時代であり、それ故、モラルなき現代人によって汚され破壊され尽した地球自然と共にいつ人類が滅亡しても不思議ではない終末的時代と映ってしまうのです。
  まさにわたしたちの生きている現代世界は私利私欲の燃え盛る時代であり、そして、その業火によってわたしたち自身が種的に焼き尽くされて滅び去ろうとしている時代であり、又、このような終末的時代をもたらすに至った張本人である、支配欲に憑りつかれた悪魔主義的カルト集団による地球全体の支配コントロールの陰謀が明るみに出た時代でもあります。 そして、現代を生きているわたしたちが、このような愚か極まりない人類的・時代的運命から抜け出すためには、この世の本質に対する無知とそれから生じる際限のないエゴイズム、さらには、その歴史的闘争の果てに得られた強大な権力に酔い痴れる悪魔的カルト集団 ( の人類的狂気 ) によって支配コントロールされた ( ピラミッド型の ) 本質破壊的幻想世界 ( 専制的地球支配のための狡猾かつ冷血な人為的マトリックス ) の中で家畜のように無自覚的に操られて生きるのではなく、本来あるべき、この世の根源的実体である完全エネルギーの完全性に倣い、また、この大宇宙を統べる 『 全一統合的バランス変化の法則 』 に自らの意志で自覚的かつ自由に従うことによって本質的未来に向かっておのずから展開していくような、いわば、人間の止めどなき欲望に汚されることのない 『 自然的完全性 』 といったようなものを全人類共通のモラルとして受け継ぎ維持していくことによって行着くことのできる、真に人間が生きるにふさわしい、精神性の高い、公正で平等で自由な全一調和的世界を、わたしたちみんなの知恵と力を合わせて自覚的に創っていくことが絶対的に必要なのです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3396 自己とは何か?

2017/08/19 18:03



  自己とは何か? と問われてわたしたちは何と答えるべきなのでしょうか。
  本質主義者は今は次のように答えたいと思います。自己とはつまるところ、この世の根源的実体である永遠にして無限にして神秘にして神聖なる完全エネルギー(のはたらき)そのものであり、同時にまた、その超越的な完全エネルギーから生まれたこの宇宙の一切存在と一体不可分の『 全一存在 』である、と。すなわち、このわたしという誠に頼りなく未熟で不完全な身体的+感情的+知性的+理性的+精神的+社会的+地球自然的な人間存在は、その不完全性のまま、同時的に、この世の根源的実体である永遠にして無限にして神秘にして神聖なる完全エネルギー(のはたらき)そのものであり、同時にまた、その超越的な完全エネルギーより生まれたこの宇宙の一切存在と一体不可分の全一存在でもある、と考えるのです。それ故に、自己とは、この世にたまゆら生きるを許された生命ある人間としてあらゆる不完全性を内在させながらも、その本質においてどこまでも永遠にして無限にして神秘にして神聖にして完全なる(エネルギー存在)であり、かつまた、この世の一切万象と切り離すことのできない全一存在でもあるが故に、そのような本質的な自己としてこの世に存在している何人もぞんざいに扱われてはならず、また、扱ってはならないのです。そして、このように自己認識されるわたしたちが自らの意識の中心に据えるべきは、内なる精神によって全一統合的に了解される神聖かつ全一的なる本質的自己であり、断じて、部分的であるに過ぎないような身体的・感情的な断片的自己や、自己中心的に思考しがちな知性が誤認する利己的自己などであってはならないのです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3395 ホモ・サピエンス・ペテンシス

2017/08/15 16:29



  止まるところなき私利私欲と支配欲に囚われてカルト化した現代世界のハザールマフィアを中心とした高慢極まりない強盗・殺人・詐欺集団である権力層、富裕層、エリート層、および、その手先どもによる地球世界の私物化の歴史に断固たる終止符を打ちましょう。 これまで長きにわたって、詭弁に詭弁、嘘に嘘、まやかしにまやかし、いんちきにいんちき、いかさまにいかさま、ごまかしにごまかし、ペテンにペテンを重ねながら悪行の限りを尽くしてきたイカレ狂った権力の亡者共をここで一気に討ち滅ぼすのです。 そして、これまでの Homo Stultus、Homo Rabidus、と呼ばれるような愚かで狂った低レベルの人間を中心とした文明ではなく、本来あるべき、Homo Essentia、あるいは、Homo Spiritus とでも呼ばれるべき本質的に精神性の高い人間を中心としたより高次の文明世界を築き上げていかねばなりません。
  また、この国においては、詐欺師安倍を中心とした自民党、公明党、日本維新の会、民進党の一部などに巣食う ホモ・サピエンス・ペテンシスのクズどもを神聖なるべき国政の場から完全駆除しなければなりません。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


No.3394 売国大賞最有力候補

2017/08/10 19:28



  下記動画を視聴して日本の現状を正しく直視いたしましょう!


  超お奨め YouTube 動画


  ・【驚愕】売国守銭奴竹中平蔵の正体

  ・殺しを請け負ってぼろ儲けの精神病院と成年後見制度【ネット TV ニュース.報道】サイバヴォーズ 2017/08/09
  ・現在の安倍政権打倒の乱がなぜ起きないのか? 過去、第二次森内閣の打倒を目指して発生した加藤の乱【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 加藤の乱 2017/08/09

  ・▼ 幻の原爆ドーム長崎で語られない話!安倍首相に「あなたはどこの国の総理」被爆者代表!自公が閉会中審査で隠す犯人達!米国務長官:北朝鮮に切迫した脅威なし!民進党前原では日ファの第2公明!…8/10(木



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ユートピア!UTOPIA!(勝手にユートピア)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる